俳句の道具(3) -辞書-

投稿者: | 2019年2月11日

こんにちは。「春夏秋冬コトはいく」のKOTOです。
趣味があるっていいですね。体を動かしたり、知的好奇心が満たされたり、作る喜びを得たり。良い仲間と出会えることもあります。ただ、道具や専用のウエアを揃えたり、材料が必要な場合もあります。
俳句は、筆記用具さえあれば、自分の身一つでいつでもどこでもできる優れもの。そんなところも俳句の魅力です。 今回は、どうしても必要なものではありませんが、あれば便利な「辞書」について書きます。

KOTOの俳句の道具

(1)筆記用具
(2)歳時記
(3)辞書
※(1)(2)については、以前記事に書いたので、今日は(3)辞書についてです。

辞書が欲しいと思うとき

・イメージが湧いてもそれにぴったりくる言葉が浮かばない
・知っている言葉でも本意を捉えているか自信がない
・句会や句集で知らない言葉、読めない漢字に出会った
・画数が多い漢字の綴り方がわからない
・読み方が複数ある言葉の読み方を知りたい
・歴史的仮名遣いを知りたい
・送り仮名を確認したい
・地名や人名、植物や動物などを確認したい
・漢字の成り立ちや本意を知りたい
・カタカナ語の由来を知りたい

俳句作りで私は、辞書で調べたいと思うことがしょっちゅうあります。難しい言葉を遣おうとしているわけではないのですが、それでも迷ったり、わからなくなるのです。
(私の語彙が乏しいのかもしれませんけど。笑)

KOTOの辞書の使い方
<国語辞典>
・言葉の意味、送り仮名の確認、地名や人名、植物や動物の確認、歴史的仮名遣いなど
<漢和辞典>
・漢字の読み方、綴り方、漢字の成り立ちなど
<類語辞典>
・同じ意味を持つ言葉を調べる
<英和・和英辞典>
・カタカナ語の由来など

スマホである程度調べることができますし、既に辞書を持っていればそれでいいですね。

俳句教室の先輩方はどうしているのかと思って聞いてみると、ハンディタイプの辞書を愛用していると教えてくれました。特に電子辞書は便利だとアドバイスをいただきました。

電子辞書

早速、電気屋さんへ見に行きました。

実を言うと私は、子供のころから、紙の辞書のページをめくるのが好きで、電子辞書には全く馴染みがありませんでした。

電子辞書にも価格やメーカーによって、選択肢がたくさんあるのにびっくり!携帯するにもよさそうです。特に俳句教室の先輩方が薦めてくれた機種は、10種類以上の辞書や歳時記、図鑑まで入っています。ただ、2万円を超えていましたので、ひとまず情報収集して帰宅しました。

もし、電子辞書に興味がある方は、可能であれば、電気屋さんでいろいろな機種を実際に手に取って、ご自身に合った機種を見つけてくださいね。

後日談です。実は、私の誕生日に家族が電子辞書をプレゼントしてくれました。俳句教室の先輩が薦めてくれた辞書でした。オドロキました。わからないことはこれ一つでかなり解決できます。持ち運びにも便利です。
ありがたや~!大切に使います。

KOTOの学び

☆馴染みがないものも試してみると案外よい
☆電子辞書があると知識が広がる!

感想

これまで電子辞書は馴染みがないものでしたが、使ってみると携帯しやすくとても便利。愛用しています。これで語彙が少しずつ増えていくと嬉しいのですけどね。
KOTOにとって電子辞書は高価なものですが、家族からプレゼントしてもらい、俳句をますます頑張らねばと思うこの頃です。

Pocket